コンピュータ3Dデザインによるジュエリープロトタイピングコース

ジュエリー&プロトタイピング コンピュータデザインコース

コンピュータデザインコースではコンピュータを利用してのジュエリーデザインを目的とし、3Dモデリング用ソフトウェアの使い方をマスターすることによりフォトリアリスティックなレンダリングまたはステレオリトグラフプロトタイピングを用いてのリアルなモデルを製作する能力を身に付けます。

それぞれのコンピュータデザインコースでは講師のサポートを得ながら生徒さん自身がプランしたモデルを製作します。こうすることにより、実際の製作作業中やコンピュータを利用することで弊害的に起こり得るいかなる問題にも対応できるよう、アイデア→プランニング→実現の過程、つまり「ヴァーチャル」から「リアル」の過程を学び取ります。