彫金コース講師陣

彫金コース講師 彫金コース講師 彫金学校マエストロ 彫金コース講師 彫金コース講師 彫金学校マエストロ

リカルド・マッツァンティーニ~ 彫金、石留め、デザイン

リカルドは彫金アート学校での学習経験はないものの、彫金やその技術に対する情熱はかなり早い時期から芽生え、60年代のフィレンツェでは職人技術を学ぶ唯一の方法であった「工房への弟子入り」に習い巨匠に師事する。

この経験を経て、フィレンツェでも大変重要な企業である「Franco Ricci」社、「eghini Valsodo銀製品」社等で工房長まで務める。

1960年、自身のジュエリー工房を開き本格的に洋彫りと石留めに取り組む。それと並行して同年「Buccellati Watches SA」社とコラボレーションを開始し、毎月スイス本社で講師とコンサルタントを担当する。

他校での講師を経験後、2008年からベテラン講師としてメタッロノービレに勤める。また、エジプト産業省の出資で「Azza Fahamy Jewellery」社や「金属、ジュエリー技術協会」とのコラボレーションによるノウハウとイノベーション技術を伝えるプロジェクトに参加している。

2009年、メタッロノービレとは別に、フィレンツェ県の実験的カタログで推奨され、トスカーナ州が出資した「彫金師の仕事: デザインと洋彫り、フィレンツェスタイル透かし彫りでの手作業による作品の実現」と名付けられたコースも行う。

音楽、旅行、絵画を愛し、彼自身でも絵を描いている。

 

彫金工房
アーティスト、職人育成

ルネッサンス期の多くのフィレンツェの芸術家が彫金工房から育ちました。例えばギベルティは彼の父親の彫金工房で育ちました。また、ほぼ同時期にブルネッレスキ、ドナテッロ、ルーカ・デッラ・ロッビアも同じような生い立ちをしています。

彫金工房

デ・スフェラーエ(1480-1490)