彫金コース講師陣

彫金コース講師 彫金コース講師 彫金学校マエストロ 彫金コース講師 彫金コース講師 彫金学校マエストロ

イニャチオ・ビクトール・エリザーリ

1994年、ブエノスアイレスで建築科卒業、彼が情熱を注ぐ絵画に触れるため、イタリアへ渡る。

フィレンツェ到着後、「Charles Cecilスタジオ」で1年間 美術を学ぶ。その間、芸術家や彫金職人たちと知り合い、彼らの工房に出入りするようになる。職人たちの完璧な技に強く興味を覚えるようになり、トスカーナ州開催のキャスティング、ロストワックス、エナメルのプロフェッショナルコースに通い始める。そこで師匠である カルロ・ペステッリーニ氏から特に石留め技術を学ぶ。1998年コース終了後、彫金職人とコラボレーションを始め、ワックスモデルや粘土モデルの製作に従事する。フィレンツェのいくつかの学校でもワックス、エナメルの講師として呼ばれるようになり、2001年からメタッロノービレで全コースのコーディネータ兼、彫金、ワックス、エナメルマエストロを務める。

また、エジプト産業省の出資で「Azza Fahamy Jewellery」社や「金属、ジュエリー技術協会」とのコラボレーションによるノウハウとイノベーション技術を伝えるプロジェクトにも参加している。

2009年、メタッロノービレとは別に、フィレンツェ県の実験的カタログで推奨され、トスカーナ州が出資した「彫金師の仕事: デザインと洋彫り、フィレンツェスタイル透かし彫りでの手作業による作品の実現」と名付けられたコースも行う。

絵画を愛し余暇の多くを描くことに費やし、アルゼンチンタンゴを自ら踊るだけでなく教えてもいる。

 

彫金工房
アーティスト、職人育成

ルネッサンス期の多くのフィレンツェの芸術家が彫金工房から育ちました。例えばギベルティは彼の父親の彫金工房で育ちました。また、ほぼ同時期にブルネッレスキ、ドナテッロ、ルーカ・デッラ・ロッビアも同じような生い立ちをしています。

彫金工房

デ・スフェラーエ(1480-1490)